Life with a bit of c'laziness'

炭酸水を思わす、淡いガス抜きブログです☆ シュワシュワっと、毎日綴れたらいいな。

large
先週末の猛烈台風の襲来と、それに重なるようにして来た長時間の集中力を要する仕事の依頼のダブルパンチで、昨日までの3日間、睡眠と食事の時間以外はずっと家にこもりきりで、仕事三昧の日々を送っていた。


台風が去り、仕事も無事完了したところで、ふと我に返り、周りを見渡してみると、週末をはさんでずいぶんと状況や心境が変わってしまっている。


まずは、想像以上の台風の被害。


前回の台風15号通過の際にも、千葉県を中心に甚大な被害が出たけれど、今回の台風の被災エリアは広大で、被害も数日で回復できるようなものではない状況だ。


3日間集中しまくって仕事を終えたばかりなので、自分自身も燃え尽き症候群のような症状で疲れ切ってしまっていることもあって、脳が正常に機能していないような感覚を覚える。


ブログを書こうにも、気持ちがブログへと向かわない。


そして、ハタと気づいた。


10月は神無月じゃないか!


神無月は、読んで字のごとく「神様がいない月」。


「神無月」の言葉の由来は、暮らしの歳時記というサイトには下記のように書かれている




10月は全国の八百万の神様が、一部の留守神様を残して出雲大社(島根県出雲市)へ会議に出かけてしまうと考えられてきました。
その為、神様が出かけてしまう国では神様がいないので「神無月」、反対に出雲の国(島根県)では神様がたくさんいらっしゃるので「神在月」というわけです。

 

ブロガーではない私は、ブログを、インターネットの中に神様に、日ごろの感謝の意や、商売繁盛祈願をするために記事を奉納する場という風に考えている。


なので、奉納の舞として、可能な限り頻繁に記事のを投稿することで、この神事を細々と執り行ってきたわけだけれども、ここにきて、ふと、「神様、今不在じゃないか」ということに気づいてしまった。


なので、せっかくの奉納も、神様に届いていないような気がして、急遽今月は、私自身も「記事無月」にすることにした。


これは半分言い訳のようなもので、本当は「忙しさ」「休みたさ」の両方の要素を抱えてる上に、テレビやインターネットを通じて目にする台風の生々しい傷跡や痛々しい被災地の惨状に、少なからずメンタルをやられてしまっていているから、というのが理由でもある。


自分自身が元気でないと、奉納の舞も、腐った力のないものとなってしまう。それではやる意味もない。


そんな状況を素直に受け入れて、10月の後半は、ブログの投稿をお休みしようと思っている。


神様たちもきっと、出雲の国でへべれけだし、私も、温泉に浸かったり、部屋の片づけなどをしたり、愛猫とまったりしたり、普段あまりできていない読書に時間を当てたりして、自分の隙間時間をブログ以外のことに使ってみようと思う。


11月は、「霜月」の他にも「神楽月(かぐらづき)」とも呼ばれるらしい。


神様が楽しめるよう、10月はしっかり休んで充電して、台風ショックから少しでも回復し、神楽月には心身ともにフレッシュスタートしたい。







今週末に日本を直撃する見込みの台風への備えとして、ささやかながら、耳栓の準備をした。
1570687816716
というのも、前回の台風襲来時、夜間だったせいもあってか、強風の音や、窓、建物の音があまりにもうるさくて、しかも長時間にわたったので、ほとんど眠れず、翌日グロッキーになってしまったから。


基本的に私は、静かな場所でないと眠れない体質。


なので、夜間の静けさというのは自分にとって、とても重要な要素だ。


台風への備えは、水や食料、備蓄の電池類、ベランダの物の撤去など大掛かりなものをまず考えるところだけれど、そういった物理的な準備と、睡眠の確保という健康面での準備の両方が大事だと考えている。


私は基本、睡眠命で生きている。なので、とにかく、台風の音で眠りが阻害されるのをとても不快に感じてしまうし、それがストレスにもなり得る。


そこで、今回早い段階で保管場所の確認をしたのが、耳栓だった。


このピップ イヤーホリデイの耳栓は、ここの耳の形に自然とフィットしてくれるという優れもの。


耳栓を粘土を捏ねるように、指先でくしゃくしゃっと小さく縮めて、
1570687849405

その状態で耳に入れると、耳の内部の形状に合わせて、ゆっくりと膨らんで、耳にジャストフィット。


外からの音を遮断してくれる。
1570687859247
とても柔らかい素材なので、耳への負担や痛みもほとんどなく、長時間使用しても不快感はほとんど無い。


何度も洗って繰り返し使えるので、清潔に保てるし、専用のケース付きなので、保管・管理もしやすい。


もちろん、この耳栓で完全な無音にはならないけれど、睡眠の質が少しでも向上するのであれば、つけて寝るのは、良質な睡眠確保のために有効かと思う。


食料・水・電池などの備蓄類は事前に備え、停電や断水にはベストエフォートで対応し、ベランダの物は撤収しておき、やれることは個人の出来る範囲内でやり、後はゆっくり寝て天命に任せるのみ。


そして、何度も繰り返すけれど、睡眠の質は、翌日のパフォーマンスや健康に影響するので、とても大事。


小さな備えだけれど、大きな成果を期待したい。







1570600200260

昨日、体調不良で病床にふせっていた私のそばに、珍しく愛猫がぴったりと寄り添ってくれた。


猫を飼い始めて14年半になるのだけれど、以前から、私が具合が悪い時だけは、いつもツンツンしていてつれない愛猫が、不思議と寄ってきてくれたり、心配そうに添い寝してくれたりすることが度々あった。


普段私が元気な時には、絶対に嫌がってすぐに逃げ去ってしまう腕枕にも、応じてくれたり、とても寛容で忍耐強くになる。


やっぱり猫には、人の不調を感じる能力があるのだろうか?


そんな思いから、ちょこっとググってみたところ、こちらの海外記事Dogs And Cats Can Detect Illness『犬や猫には人間の病気を感知することが出来る』)の中に、猫に関してこんな一文を見つけた。





猫はまた、嗅覚が鋭く、病気に起因する体内の化学変化を嗅ぎ分ける能力を持っています。 また、犬も猫も、日常生活に影響を与える気分、行動、パターンの変化を感じることができます。 また、病気による身体的および心理的な行動の違いを感じることができます。


当然と言えば当然だけれど、猫は賢い。


人間が思っているほど賢い。


一説によると、猫の知能は、人間の2歳児程度と言われているけれど、長年猫と共に暮らしていると、愛情面という点に関しては、2歳よりもずっと高等な印象がある。


心配そうに寄り添ってくれたりする態度は、我が小学生の子よりもずっと精神年齢が高いのではなかろうか?と思ってしまう。(我が子は、苦しそうに悶え苦しんでいる私の横で、「大丈夫?」と言いながらも、大音量で『とっとこハム太郎』の曲をかけて、目の前で変な踊りを見せてくる、そんなケア精神年齢だ。)もちろん、愛猫はそんな奇行はしたりはしない。


昨日も私が、真冬の羽根布団と厚手の掛け布団をかぶって、湯たんぽで暖を取りながら、じっと目を閉じて病床に臥せっている間中ずっと、そばに寄り添ってくれ、いつも嫌がって瞬時に全力で逃げ去る腕枕も、じっと耐えて眠ってくれた。


肉球も触らせてくれたし、耳元でゴロゴロ音を出して、心地よい音色とぷにぷにの触感で癒してくれた。
1570600214975
その甲斐あってか、更にしっかり取った睡眠や薬、体を温めたせいか、今朝は昨日とは打って変わって体の調子もだいぶ良くなってきているのを感じている。


体調不良は毎回辛くて、良いことはないけれど、普段クールな愛猫が、献身的に愛情たっぷりに看病してくれるというのが唯一の救いだと思っている。


我が家のナース猫ちゃんには、これからも健康で長生きして欲しいので、なるべくしつこく追いかけたりしてストレスを与えないように暮らしていきたい。(そうは言っても、なかなかこれが難しいのだけれど。)








先日関東地方に甚大な被害をもたらした台風15号上回るかもしれないという猛烈な台風が近づいているとのことで、まだ少し先だけれど、我が家の少ないながらの防災グッズを確認してみた。


台風災害で一番可能性があるのは、断水、雨漏り、そして停電だ。


断水に関しては、風呂桶に水をはったり、既に購入済みのペットボトル飲料水×6本で対応する予定。

雨漏りも、手持ちのバケツやお客さん用にとってあるバスタオルを床に敷くなどして対応出来ると思う。(滅多に雨漏りはしないけれど、2年前の台風通過の際に、私の寝室天井から、ポタポタと水滴が降ってきたことがあるので、油断できない。)


一番可能性のある停電に関しては、大量に備蓄しているティーキャンドルと、玄関の靴箱に常備している小型ライトそして、電池不要の手動LEDライトで、夜間の灯り対策とすることにした。


この3つ目に挙げた手動LEDライトは、長さがわずか10㎝程度、重さもたった75gという小型の懐中電灯。ジャスト手のひらサイズだ。
1570507877703
どのようにして充電するのかというと、まず側面の後方のストッパー部位を解除し、
1570507899813
グリップ部分を出っ張らせる。
1570507907329

そして、その出っ張った部分を親指と人差し指で軽く握ると、中の円状の部品がクルクル回転し、電気が発生。
1570507915112

それを蓄電させるというもの。


この出っ張り部分を握って平らにして、また握って平にしてを繰り返すだけで、


実際にこの動作をやってみると、非常に軽くて、たいした労力も要らずにチャカチャカとスムーズに発電することが出来るので、とても楽ちん。


電池切れの心配なく、ずっと使える。


また、240lm(ルーメン)という明るさで光るので、小型のデスクライト程度の明るさで暗闇を照らしてくれる。
1570507923751
防災時用に予備の電池は持っておいた方がもちろん良いけれど、電池不要の防災アイテムをいくつか揃えておくことで、万が一にも電池切れでアタフタしてしまったり、そのことでエネルギーを取られたりせずに済むので、安心度が違う。


備えあれば憂いなし。


やはり電池フリーの防災グッズを揃えていって、災害時に対処しようと思う。





自宅の物減らし活動を始めて、早半年。


じっくり、ゆっくり、物との別れを惜しみながら手放してきているので、変化は微細ではあるけれど、確実に家屋全体の物は減ってきている。


そんな中、あえて減らしては来なかったものがあった。


それが食卓で使っている箸。


我が家は二人所帯だけれど、なぜか箸は6膳もある。


しかも、全部バラバラ。


理由は、単に私がズボラで、食器洗いを1日に2回くらいしかしないことが多いので、毎食事、きれいに洗われた&乾いた箸が準備されていない場合があるから。


なので、仮に食器洗いを1日とかサボってしまっても、少なくとも箸の心配はしなくても良い、という状況を作っていた。


それと、箸はよくプレゼントされるということも、6膳もあった理由であり、バラバラな理由でもある。


人からちょっとした旅行のお土産にもらったり、誕生日などの贈り物としてもらったり、と、真心こもった頂き物の場合が多いので、かさばらない分、そのまま残して使っていた。


ただ、全種類バラバラなので、食事の時に、同じ種類を見つけ出すのが一苦労。


けっこうな頻度で、種類(長さ&柄)の異なる箸でご飯を食べてしまうこともあった。


一方で、キッチンで使う箸は、以前は菜箸(紐のついた長めのもの)を常備していたのだけれど、どうも使いづらく、物減らし活動の初期の頃に手放してしまった。


それ以来、先の方がギザビザになっているラーメン箸を菜箸の代わりに使ってきたわけだけれど、先日夜食にラーメンを作った時に、ふと閃いた。


このまま、食卓の箸もキッチンで使う箸も、全部ラーメン箸でいけないだろうか・・・?


というのも、菜箸代わりに使っていたラーメン箸は、全部で3膳あり、持て余していた。
1570328737370


一方で、食卓で使う箸は、最低2膳あれば、食事は出来る。


これまでは、洗った箸と菜箸を分けてそれぞれの場所にしまっていたけれど、全部ラーメン箸で統一してしまえば、その仕分の面倒が省ける。


3セット、色が違うだけで、長さも形も太さも一緒なので、色の違いさえ気にしなければ、組み合わせを間違えることが絶対にないので、迷いがない分早くに食事に取りかかることも出来る。


そして、何より、ラーメンをはじめ、麺類を食べる時も、先がギザギザなので、安定感をもってつかみ取ることが出来る。


「大は小を兼ねる」というけれど、「ラーメン箸は、菜箸や食卓の箸をも兼ねる」ということに、今更ながら気づいてしまった。


そして、善は急げ、という具合に、さっそく今まで使っていた6セットのバラバラ箸群は、「とりあえずボックス」に移動して、ラーメン箸オンリーの生活を始めることにした。


食器洗いがいくら面倒でも、箸だけは特別扱いをすることにして、食後にササっと洗うよう心掛けようと思う。


ささいな試みだけれど、軽くなった心は計り知れない。


そんな物減らし活動が一歩進んだ、秋の日の朝。


このプチミニマル化計画が、凶と出るか吉と出るか。





↑このページのトップヘ