Life with a bit of c'laziness'

炭酸水を思わす、淡いガス抜きブログです☆ シュワシュワっと、毎日綴れたらいいな。

ミニマルな生活を目指すようになってから、食品や消耗品以外のモノを購入することがほとんどなくなったのだけれど、ここにきて、珍しく新品の商品をゲットすることにした。

それは、堅い食品を粉末にするミルグラインダー

購入のきっかけは、些細なことだけれども、アーモンドを砕きたいという気持ちから。

実は3月くらいから、歯茎の調子が悪く、今も歯医者に通って治療している。

つまり、堅いものを食べる時に歯茎に痛みが走って、食事を楽しめていない。

食事を楽しめないストレスに加えて、健康に必要な栄養不足も気になる。

以前からアーモンドをはちみつに漬けたものを間食時に食べていたのだけれど、この歯茎の痛みに悩まされるようになってから、アーモンドからも遠ざかっていた。

アーモンドは、Wikipediaによると

食品の中でもビタミンEが最も多く(含有100グラム中約30ミリ・グラム)含まれている。ビタミンEは活性酸素による体細胞や血管の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、老化の予防やAGEsの排出に役立つ。悪玉コレステロールの酸化を抑制し、過酸化脂質の生成を防ぎ、心臓病や糖尿病の予防に役立つ。他に亜鉛、マグネシウム、カリウム、鉄などを多く含んでいる。

また、豊富な不溶性食物繊維を含み、腸の働きを活発にして整腸を促す。有害物質やコレステロールを吸収し抑制する作用がある。脂質の約7割は、一価不飽和脂肪酸のオレイン酸で、善玉コレステロールを維持し悪玉コレステロールを制御し酸化させない働きがあるポリフェノールを多く含んでいる。その効用は紀元前から認められており旧約聖書の中にも記述されている。

とのこと。是非摂取していきたい。

そこで今回一念発起して入手したのが、粉末ミルグラインダー。

基本的に、何かを新たに入手する際には、1つまたは2つ類似品を手放してから、と決めているので、今回の購入にあたり、先週手放したミキサーと、次週手放す予定のフードプロセッサーで、
1 in 2 outを実現することにした。

こちらが購入したミル。

20190518_060723

アーモンドも近くのスーパーで購入。

20190516_122433

そして、いよいよ粉砕!

20190518_070014

最後は、プレーンヨーグルトにふりかけて、はちみつ&オリゴ糖を足して、ハイ、出来上がり☆
20190518_070237


アーモンドをミニマルに、栄養はマキシマムに、これからも諸々の食材の粉砕生活を、フルに楽しんでいけそう!





普段の生活の中で、ついつい使い過ぎてしまう「ティッシュペーパー」。

食卓に置いておけば、気軽にほいほい使ってしまう。

かつては「ちり紙」とも呼ばれたティッシュ。

「塵も積もれば山となる」という不滅のことわざの如く、気軽にほいほい、ほいほい使っていると、年間、ひいては生涯の出費も山のようになってしまう。

以前は、買ってきたティッシュをハサミで半分に切って使うなど、節約の手間暇をかけていた。

けれど、この作業、けっこうめんどくさい。

そこで、「ティッシュ」という言葉を使用不可にして、「鼻紙」という呼び名で呼ぶようにし、食卓には置かないことに決めた。

こうして「鼻紙」は、読んで字のごとく、「鼻水をかむ時に使う紙」として、部屋の隅っこで風邪の季節を待っている存在に。

さて、食卓で気軽に口や手を拭きたい時はどうするかというと、キッチン用の薄手の布巾を何回かバスケットに入れて、手前から使っていき、食後に手洗いして日干しして、リサイクルして使うことにした。


1


最初は慣れずに無意識にティッシュを探してしまったけれど、今では食事中や食後に自然にバスケットに手が伸びるようになった。

これで、一先ず、ささやかではあるけれど、ティッシュ代と、出すゴミの量が減らせるのではないかと思っている。

こういうミニマルな努力は、続けてナンボや!








毎年冬になると、見舞われるのが悩みのタネが頭皮トラブル。

そこで、一念発起して、「お湯だけで髪を洗う」を試験的に試している。

頭皮の皮脂汚れは、お湯でも十分落ちるとのことだったので、1日の終りに毎日お湯のみで洗髪するようにしてみることに。

この「湯シャン」生活を始めてから1か月ほど経過したので、結果と感想をミニマルに記録しようと思う。

・洗髪時間の大幅短縮(洗い始めから終りまで3分未満)
・洗髪時の水道&ガス代の削減(コンディショナーの使用も併せてやめたので、サクッと洗髪が終わる)
・抜け毛の減少
・頭皮のかゆみの減り
・フケの減少
・シャンプー&コンディショナー代の節約

※個人差があるかと思います。

今のところ、この湯シャンは気に入ってるの自分に合ってるので、このまま続けてみようかと思う。

ストックのシャンプーは、掃除や上履き洗いなどに活用して、使い切ったらサヨナラしよう。

コンディショナーは、ニット類の自宅洗いの際の縮み防止に役立たせてからサヨナラの予定。

ちなみに、洗髪後に、軽く「椿油」を手に取って軽くなじませてるので、髪のパサつきにもサヨナラという次第。








今日から、歯磨きの後の口をすすぐ回数を1回のみに減らすことにした。

理由は、フッ素やプラーク除去成分などを少しでも長く口内にとどめておきたいから。

これまでは、基本、コップいっぱいに水を溜めておいて、歯磨き後に、何度も何度も口をすすいで、きれいさっぱり、という感じだったのだけれど、たまたま何かで読んだ「歯磨き粉後のうがいは少ない方がよい」という情報を思い出し、これはミニマリスト的だな、と思って早速実行してみることにした。

これを書いている時点で、今日は3回の歯磨きを実行したわけだけど、いずれもうがいは1回のみ。

慣れないせいか、口の中のミント臭がやはり気になる。。。

でも、5分くらい経つとそのミント感も自然にフェードアウトし始めるので、想像していたよりは楽だ、という印象。

チョコミントアイスを食べた後だ」と思えば、続けられるかもしれない。

うまくすれば、チョコミントアイスを食べたつもりダイエットもできるかもしれない。

くちゅくちゅぺーの時間が減った分だけ、歯の健康が増してくれるといいなあ。



歯周病は1日で治せる!
清水 智幸
文藝春秋
2019-02-27

【合計3,628円相当GET! 5/9 10:00〜5/20 9:59】ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プロ 2000|Braun Oral-B 公式ストアpro2000 電動 歯ブラシ 本体 回転 ベーシック ホワイトニング オーラル ケア 電動ハブラシ 歯磨き 歯磨き 大人 こども 電動はぶらし
【合計3,628円相当GET! 5/9 10:00〜5/20 9:59】ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プロ 2000|Braun Oral-B 公式ストアpro2000 電動 歯ブラシ 本体 回転 ベーシック ホワイトニング オーラル ケア 電動ハブラシ 歯磨き 歯磨き 大人 こども 電動はぶらし


IMG_7147


お昼ご飯に、何を食べるか、というのは、楽しみでもあり、面倒でもある。

まず、外食か自炊かを決めなければならないし、外食ならば、どこで何系のものを食べるかを決めて、そこまで出向いていかないといけない。雨の日は、傘をさしていかないとランチにはたどり着けない。(Uber Eatsという選択肢もあるようだけど、実はまだ利用したことがない。)

自宅で自炊、という場合でも、何を作るかを決めるところから始めて、料理に必要な具材を冷蔵庫内で確認したり、足りないものを買いに行ったりしないといけない。その後、調理→食べる→食器洗い等の後片付けがある。

なので、「試験的に」数日間、ランチの定番化を試みてみることにした。

まず、決めたのは「自炊する」ということで、メニューは「ねばねば系乗っけ蕎麦」。

初日の今日は、必要な具材を決めて、足りないものを買いに行った。(初期労働)

具体的には
<<買ったもの>>
・オクラ8本入り
・長いも(1本)
・うずら卵(8個入り)

<<既に購入済みだったもの>>
・蕎麦(4束入り)
・揚げ玉
・納豆(3パック入り)
・麺つゆ
・わさび
・長ネギ

次に、買ってきたオクラを全て茹でて、今日食べる分の2本を細くスライスした。(初期労働)

長いもは、『おろしちゃん』という画期的な電動のすりおろし機があるので、
20190514_120919

それを使って丸まる1本を、ものの数秒でおろしてしまえる。(初期労働)


長ネギも、同じく、数日分を刻んでしまい(初期労働)、今日食べる分だけ取り分けた。

こういう作業をちゃちゃっとしている間に、蕎麦を茹でる。

納豆やうずら卵は基本、蕎麦の上に乗せるだけなので、蕎麦が茹で上がったら切った具材などと一緒に盛り付けて出来上がり!

今日は初日なので、買い物に行く手間と、オクラと長いもと長ネギの下ごしらえの手間があったものの、明日から数日間(予定としては3日間)は、(1)蕎麦を茹でる(2)具材を乗っける の2工程で昼食作りが終わるので、ハック感はかなり高まるんじゃないかと思う。

今回の試験的なランチの定番化のメニューに、なぜ「ねばねば系乗っけ蕎麦」を選んだのかというと、単に栄養的にネバネバした食べものが身体に良さそうだったから。

また、これだと、1食辺り200円くらいで済むので、外食するよりは経済的でもある。

明日は、これに海苔をまぶしてみようかな!ゴマを振りかけてみようかな!

カンタンなアレンジを加えながら、つかの間のランチ定番化を楽しみたいと思う。








↑このページのトップヘ