Life with a bit of c'laziness'

炭酸水を思わす、淡いガス抜きブログです☆ シュワシュワっと、毎日綴れたらいいな。

1570065622616
今朝、子ども部屋にあったウサギのぬいぐるみ手放すことにした。


このウサギは、6年ほど前に動物園の売店で買ってもらったもの。


中に手を入れて、パペットのようにして遊ぶことも出来る。


子どもが生まれると、自然と増えていくぬいぐるみたち。


自分の子ども時代を思い出しても、どこからかもらってきたぬいぐるみが、子ども部屋にたくさん並んでいた。自分でせがんだ記憶がないので、おそらく祖母や叔父・叔母などの親戚からのプレゼントだと思う。


ただ、埃まみれになるからという理由で、私の部屋のぬいぐるみたちは、常に透明のビニール袋に入れられていた。なので、触って遊んだ記憶はない。


今朝手放したウサギのぬいぐるみも、6年経った今でもまだ値札がついているほど放置されていたもので、このウサギが我が子の生活に浸透したり、馴染んでいたとは言い難い。


動物園で買ってもらった時は喜んだものの、それ以降は、きちんと飾られるわけでもなく、部屋の片隅のごちゃごちゃバスケットの中に何年間もうずもれて存在が消されてきた。


そういった、どこからかやってきたぬいぐるみたちが、我が子の部屋にはいくつもある。


手持ちのぬいぐるみの中で、子ども自身にせがまれて買ったものは一つもない。


私自身が買おうと思って買ったものも、一つもない。


つまり、私たち親子は、二人ともぬいぐるみに興味がないのだ。


子ども部屋に両手で数えられるくらい存在するこれらのぬいぐるみたちは、全て元夫や親せきが、子どもの誕生日やクリスマス、遊園地に行った際などに、どんどこどんどこ買い与えてきたもの。
1570074309627

(これでも、ぬいぐるみの数は、半分くらいにまで減らしてこの状態。)


我が子が特にぬいぐるみが好きというわけでもないに、部屋の一角がぬいぐるみたちで占拠されているというのが我が家の子ども部屋の現状。


こういったぬいぐるみたちは、かわいいので捨てづらい。


あまり劣化もしない。


なので、手放すのを躊躇してきた。捨ててしまうのは、やはり忍びない。


でも、部屋は狭いし、埃っぽくなるし、ダニの温床にもなるので、アレルギー持ちの我が子の居住空間には、やっぱり要らないのだ。


そういうわけで、秋の涼しく片付けに最適な季節へと突入を機に、子どもが誕生した時にもらった自分の名前の刺しゅう入りのぬいぐるみを一つだけ残して残りはサヨナラすることにした。


ただ、やっぱりどれも可愛らしく、真心のこもった贈り物なので、申し訳ない気持ちが沸き起こってしまう。


10個近くあるぬいぐるみたちを一気に捨てるのは、物減らしに慣れてきた私でも、良心の呵責を感じてしまう。


だって、にんげんだもの。


なので、分割して、1か月に一つずつのペースで手放していくことにした。


手放すには手放すのだけれど、ペースダウンすることで、罪の意識を軽減しようという作戦。


今回手放したウサギのパペットのぬいぐるみは、サヨナラする直前に、もらった場所や経緯など付随する思い出を子どもと一緒に語り合うことで、最後のお別れの儀式とすることにした。


そして、今月から毎月3日「ぬいぐるみを手放す日」と制定して、忘れないように、カレンダーに「ぬ」の文字を書き込んだ。
1570071740544

1570071756097


ウサちゃんをはじめ、全てのぬいぐるみのみんな、これまで、本当にありがとう。






0e7ce46af2920ad048c196e55afdcb07_s


先日、我が子のお金の使い道に関して、痛い経験をさせた方が良いかもしれない、と思う出来事があった。


我が家は、子どものお小遣いは、年俸制を取っている。


聴こえはかっこいいけれど、ようするに毎月お小遣いをいちいちあげるのが面倒くさいので、1年の初めに一度に与えてしまおう、という試み。


基本的に、1学年上がるにつれて100円を加算して、それに12か月分をかけた額を、1月に手渡している。


この年俸制は、親もラクだし、子どもは「やりくり」やお金を使う額や頻度などを、年ベースで自分で考えながら管理できるので、双方にとってメリットがあると思って実行している。


その他に、お盆休みに帰省した時に、実家から臨時でお小遣いをもらったりすることもあるので、我が子のお小遣いは、基本的には、私からもらう「年俸」と、その他の「臨時収入」が全てだ。


学年が上がるにつれて、放課後や休みの日にお友達と遊びに行くことも増え、ショッピングセンターに行ったり、一丁前にコメダ珈琲でお茶をしたり、子ども同士で映画館に行くようにもなってきた。


なので、我が子のお小遣い管理は、かなり日頃からしっかりやっていないと、年末に近づくにつれて足りなくなってしまうという危機と隣り合わせ。


さて、先日のこと。


我が子は、半年くらい前からコンパスというスマホ用のオンラインアクション対戦ゲームにハマっている。
title004
基本的に、朝起きてから夜寝るまで、学校に行っている時間と宿題をしている時間以外は、ずーっとコンパス漬けの状態が続いていた。


このゲームは、他のゲームアプリと同様に、課金することで、無料では味わえない楽しい体験ができる。


私は、このゲーム自体には詳しくないので、システムなどの詳細の説明は割愛するけれど、コンパスの場合は、バトルをサポートするカード引き当てるために、ガチャを引く必要があるとのこと。


このガチャは、ビットマネーを使って引くことができ、課金することでより多くのガチャが引けるのだそう。


このコンパスで、もっと楽しい体験がしたくて仕方がない我が子は、残り少なくなってきている自分のお小遣いの内なけなしの3,000円を使って、自らiTunesカードを買いに行った。(しかも、お店でSuicaで支払えないことが判明し、一度帰宅した後、もう一度現金を手にコンビニへと向かったほど。)


そして、期待いっぱいに3000円分のガチャを引きまくったところ。。。


自分の求めていたカードが1枚も出ることなく、ガチャは終了。


欲しいものが引けなかった落胆と、貴重な3000円を失ってしまったことのショックで、我が子は号泣。


リビングでコンパスをやっていたのだけれど、ショックがあまりにも大きすぎたようで、ふらふらと自分の部屋に行き、そのまま引きこもってしまい、その後2時間自室で大きな声で泣きじゃくっていた。


うちの子は、負けず嫌いなので、だいたい泣く時というのは90%悔し泣きだ。


今回の場合もその典型で、親としては、「残念だったね」と言って慰めるしか術がない。


そして、思う存分泣き終わったところで、今回の一件の感想を聞いてみたところ、かなり精神的に応えたようで、ゲーム課金がトラウマになってしまったような印象。


なので、親として、こんなアドバイスをしてみた。


「自分のお小遣いなので、自分で使い道や使う機会を決めたらいいけれど、お金を使った後に悲しかったり悔しい思いをする可能性が高いものへの出費に関しては、よくよく考えてから決めた方がいいよ。」



普段は反抗的な態度に出る我が子も、生々しい心の傷を負ったばかりなので、いつもとは違って神妙かつ素直に、私のアドバイスに耳を傾けてくれた。


今回の出来事は、子どもが自分でお金を使う際には、慎重になる必要があることを身をもって体験させてくれ、学ぶことが出来た機会なったことは間違いない。


3000円という損失は大きいけれど、時には2時間も号泣してしまうほどの強い後悔の念を抱かせないと、子どもはもちろん、良い歳した大人も、浪費に関して切実に学んでいくことは出来ないのではなかろうか。


転ばぬ先の杖でお金の管理が出来るのがベストだけれど、小学生の子どもには、まだその習慣は身についていない。お金も、自分で苦労して稼ぐのではなく、親や祖父母、周りの人が何もしなくてもくれるものという世界で生きているので、その大切さを実感できていない。


今回どぶに捨てたも同然の3000円が、最初で最後の良いレッスンになってくれていれば幸いだと思っている。


我が子には、是非、「自分を幸せにするお金の使い方」というものを、これを機に学んでいって欲しい。





約半年前から、細々と、自宅の所有品を減らしてきたのだけれど、昨日、これまでの手放し品の中でも最大の大きさのものを手放した。


それは、90㎝×86㎝のタンス。
1569915670010
10年くらい前に、どこかで購入して以来、ずっと寝室に置いてきた。


服はこの半年で、かなり減らしたので、スカスカになってきたこのタンスとも、そろそろサヨナラしたいな、と思っていた。


思い立ったらすぐ実行、がモットーの私。


衣替えの時期ということと、昨日たまたま暇だったこともあり、タンスの中の服を全部出して、別の場所に移動させ、ざざっと表面や引き出しの中を拭いて、これまで何度か利用してきたジモティーに出品。
ジモティー
このタンスは、引っ越しの際に出来てしまった傷などもあり、正直引き取り手が現れるかどうか不安ではあったものの、さすがはジモティー。


掲載後すぐに引き取りを希望する人たちから、問い合わせのメッセージがバババッと来た。


そして、今日中に引き取ってくれるという人が現れたので、その方に無料で引き取ってもらうことにした。


このタンスには、細かい傷が複数あったので、それがクレームにならないか、ちょっと心配ではあったことも、今回無料にした理由。
1569915693397
でも、傷の件も説明して、「大丈夫」との了承を得たので、さっそく引き取りのお願いをすることにした。


そして、ジモティーへのタンスの掲載からわずか2時間半で、無事引き渡しが完了。


これまで5~6回ジモティを利用して、本棚やトレーニング機器を手放してきたけれど、毎回本当に素早く引き取り先へと引き渡しが完了するので、改めてビックリだ。


ちなみに今回は、何故か、無料で引き取ってもらったはずなのに、なんと引き取ってくださった方が1000円くださって、またまたビックリ。


これまで、ジュース1本程度は頂くことはあったのだけれど、粗大ごみを引き取ってくださっただけでなく、1000円も頂戴することになるなんて、ますますジモティーの愛用者になってしまいそうだ。


手放したい大型家具は、まだまだあるので、今後も頑張って、自宅の所有物整理&アリサヨ活動に勤しんでいきたい。





man-holding-white-business-card-260nw-313679270
私がフリーランスに転向して、9月末でちょうど2年と6か月が経過した。


フリーランスになってすぐにやったことと言えば、個人事業主の届け出名刺作りだった。


個人事業主の届け出は、フリーランスとして働くには必須だったけれど、一方で名刺作りはどうだったのかというと、よくわからない。


フリーに転向してから、名刺交換をした回数というのは片手で数えられる回数。


私の場合、フリーランスに転向する前に、いくつかの企業などと業務委託契約を結んだり、ランサーズやクラウドワークスなどを経由して仕事の依頼を受けたりすることが多く、クライアントさんと直接対面しないで、メールやチャット、スカイプなどのやり取りで仕事を開始していくことが多い。


そのため、名刺は、フリーランスになったばかりの頃に想像していたほどは、実際には活用していないのが実情だ。


そして、今年の4月頃から始め所持品の量減らし活動の一環で、ほとんど日の目を見ないこの名刺とも向き合うことになった。


名刺を最後に使ったのがいつだったか、と思い返してみると、最後の名刺交換から少なくとも1年3ヶ月が経過していた。


つまり、名刺はほぼ不要な状態で、今現在暮らしているということになる。


物を手放す勢いがあった頃の話なので、ほぼ不要ならば、ということで、なんの躊躇もなく作成した90枚くらいの名刺と名刺入れを処分してしまった。


さて、先週の土曜日のこと、自分の事業を立ち上げたばかりの新米事業主さんが、近い将来の仕事の打診も兼ねて、遠方からわざわざ私に会いに来られる機会が出来た。


これまでチャットや電話等でコミュニケーションは取っていたとはいえ、face to faceの対面は今回が初めてとなる。


しかも、今後新規の仕事の依頼を頂くかもしれないという重要な面談だ。


そしてその面談が決まった際に私の脳裏に浮かんだのは、捨て去ってしまった名刺のことだった。


「1枚くらい取っておけばよかったかな。。。」


後悔先に立たずというのは、世界中で語り継がれる不変の真理を表すことわざ。


今回の対面を名刺無しで、潔く乗り切るか、あるいは今回のために直前で新しく作ろうか、限られた時間の中で堂々巡りでいろいろ考えた。


そして、これまで1年半名刺の出番がなかったことや、今後もきっと、低頻度でしか名刺は使用しないだろう、と推測した結果、今回の面談のたった1枚のために、今作り直すのは無駄な出費となってしまうかもしれないと思ったので、今回は名刺無しで面談に臨むことにした。


そして、迎えた対面の時。
MKJ_ryoutedemeishiwowatasu_TP_V

当然、先方は最初の挨拶時に、名刺を手渡してこられたのだけれど、私の方は、頂いた名刺に書かれた情報からうまく話題を広げることで、こちらの名刺を出さぬまま、仕事に関する本題に入ることが出来た。


そして、話の中盤辺りで、「実は、名刺は、断捨離してしまいまして。。。」とことのいきさつを正直に告白。


名刺がなくとも、普段の仕事に支障が無い現状などを告げて、先方にもなんとか不自然に思われないような印象を残すことが出来た。(と思う。)


そうして、無事、名刺無しで初顔合わせを終わらせることが出来た。


今回の場合は、私の1事例の話なので、全てのフリーランスに当てはまるかどうかはわからない。けれど、事前にメールやチャット、スカイプや電話等で連絡手段やコンタクト先を既にわかっている状況においては、名刺は特に対面時に必要不可欠なものではないように思った。


今後も、おそらく誰かに名刺を差し出される機会は、多くない頻度であるかと思うのだけれど、上記のような状況で、少ない物で効率重視で暮らしている旨を誠心誠意伝えれば、案外大丈夫なのではないかと思っている。


フリーランスにも、様々な職種の人がいるので、対面式の営業をがっつりやって、名刺をしっかり相手に渡しておく必要があるケースももちろんあると思う。


しかしそこは、ケースバイケース。私は私。


更に言えば、インターネットの利便性がこれだけ普及し、今後も今以上に普及・浸透していくことを想定すると、名刺はもはや「マストアイテム」ではない、と今回の面談の後で、改めて感じた。


私自身、名刺の有る無しよりも、話の内容の良し悪しで、仕事の依頼を決断してくれるビジネスパーソンとの方が、相性が良いと思うので、そういった方々と一緒にクオリティの高い仕事をして、相互信頼関係も高めていければと思っている。


結果として、名刺は手放してしまって支障はなかった、というのが、n=1の私の今回の出した答え。


初対面の名刺の有る無しは、お互いの価値観のすり合わせという点で、リトマス試験紙のような役割を果たすのだと思う。





Hace aproximadamente dos años, mi hija comenzó a decirme:


"¡Quiero jugar un juego contigo!"


Ella seguía diciendo esto una y otra vez.


Mi hija es una niña de primaria que adora los juegos.


Como es hija única, se dedica a jugar juegos en línea o dibujar ilustraciones cuando está en casa.


Por otro lado, me he mantenido alejado de los juegos desde que dejé de jugar un juego agrícola que disfrutaba en mi tiempo libre hace cinco años.


La razón por la que dejé de jugar es porque quería utilizar mi tiempo y energía en ganar ingresos, hacer las tareas del hogar y relajarme.


Además, la razón principal podría ser que perdí interés en los juegos que se limitan al mundo virtual.


Como no podía encontrar productividad en los juegos, incluso cuando mi hija me pidió que jugara un juego juntas, solía decir:


"En otro momento, cariño"


Yo ignoraba su invitación a jugar.


Sin embargo, aunque era renuente a los juegos, tuve un sueño largo pero humilde con respecto a los juegos.


Eso es jugar en mi vejez Dragon Quest ("Dragon Warrior" en inglés), un videojuego que jugué durante mi adolescencia con gran pasión.


Siempre han habido innumerables juegos y seguimos con muchos más.


Entre ellos, el que tuvo un gran impacto en mi juventud fue Dragon Quest, el cual jugué mucho y todavía se destaca vívidamente como un videojuego especial para mí.

Aunque no he jugado en mucho tiempo, a menudo recuerdo los hechizos del Dragon Quest, como "Sleep" o "Midheal".

Nunca hubo otro videojuego, aparte de Dragon Quest, que me haya emocionado hasta los huesos.


Entonces, me inquieté cuando escuché que se lanzaría un juego de aplicación móvil llamado "Dragon Quest Walk" este otoño.


Y finalmente ayer, decidí descargarlo, pensando "Solo un poquito".
DraqueWalk
Es realmente raro que descargue una aplicación de juego porque no tengo interés en los juegos en general.


Tan pronto como instalé el juego, lo jugué y me emocionó su música nostálgica, imágenes y diálogo.


Mi corazón retrocedió inmediatamente en el tiempo a aquellos días de mi juventud.


Entonces, cuando mi hija regresó de la escuela, le conté sobre la aplicación del juego Dragon Quest Walk.  Se emocionó tanto que inmediatamente descargó el mismo juego en su teléfono inteligente.


Ella estaba tan feliz de que se le cumpliera al fin su sueño de poder jugar el mismo juego que yo.


Entonces, al terminar la cena, comenzamos nuestro viaje de "prueba" en el vecindario con nuestras aplicaciones de juegos.
1569585846328
Al igual que Pokemon GO, este es un juego AR donde el espacio real se expande en el mundo Dragon Quest, subiendo de nivel gradualmente mientras derrotas a los monstruos y completas las misiones de cada "Quest".


Como era nuestro primer día, aumentábamos rápidamente de niveles, los cuales subieron al 4 en tan solo 30 minutos. Y entonces decidimos parar por el día.
1569586022713
Anoche (nuestro segundo día) mi hija y yo continuamos jugando por el vecindario y avanzamos en nuestras misiones: luchando con los ya conocidos monstruos como Slimes y Drakees.


A decir verdad, justo antes de ir a Dragon Quest Walk, mi hija y yo tuvimos una pelea por algo trivial, pero debido a que ambas queríamos ir juntas y disfrutar de Dragon Quest Walk, decidimos reconciliarnos.


En el momento de la reconciliación, sentí que nuestra relación madre-hija mejoró significativamente.


Siento que cuando mi hija y yo estamos profundamente inmersas en el juego (en mi caso, volviendo a la mente de niña), la barrera entre nosotras desaparece durante este tiempo, y la distancia física entre mi hija y yo se vuelve mucho menor, al igual que nos acercamos mentalmente.


En cuanto a Dragon Quest Walk, decidí jugar con mi hija solo 30 minutos después de la cena.


Incluso los adultos o los padres a veces pueden tomar un respiro y volver a nuestra infancia y engancharse en el mundo del juego.


En este otoño de 2019, siento que el vínculo entre mi hija y yo se profundiza debido a nuestra nueva actividad de diversión que tenemos en común.

↑このページのトップヘ