物の数を自分にとって最小限のレベルまで減らす時、「ミニマイズ」、とか「ミニマル化」という言葉を使うようにしているのだけれど、持っている物の品種は変えずに、より小さいサイズのものに変える時は、何と言おう?と迷ってしまう。

20190622_081635


例えば、今回、泡だて器を手放して、代わりにサイズが数分の一の味噌マドラーで代用してみようと考えている。

これはミニマイズではなく、「ミニアチュライズ」や「ミニフィケーショ」が正確な表現なのかな、とも思うけど、長いし言いにくい!

なので、結局堂々巡りして、日本語の「小型化」を使うことにした。

「小型化」だと機械的だし、ちょっと硬いかな?とも思うけれど、現時点で他に良い代替案が思い浮かばない。

なので、当面は「小型化」にお世話になろうと思う。

そして、「買い替えによる物の小型化」を、もう少し適格にすっきりと、簡潔言う良い表現の模索を、これからも続けていきたい。

自分にとって新しい試みは、こんな風に、副次的に脳への刺激も大きい。