Life with a bit of c'laziness'

炭酸水を思わす、淡いガス抜きブログです☆ シュワシュワっと、毎日綴れたらいいな。

2019年09月

Hace aproximadamente dos años, mi hija comenzó a decirme:


"¡Quiero jugar un juego contigo!"


Ella seguía diciendo esto una y otra vez.


Mi hija es una niña de primaria que adora los juegos.


Como es hija única, se dedica a jugar juegos en línea o dibujar ilustraciones cuando está en casa.


Por otro lado, me he mantenido alejado de los juegos desde que dejé de jugar un juego agrícola que disfrutaba en mi tiempo libre hace cinco años.


La razón por la que dejé de jugar es porque quería utilizar mi tiempo y energía en ganar ingresos, hacer las tareas del hogar y relajarme.


Además, la razón principal podría ser que perdí interés en los juegos que se limitan al mundo virtual.


Como no podía encontrar productividad en los juegos, incluso cuando mi hija me pidió que jugara un juego juntas, solía decir:


"En otro momento, cariño"


Yo ignoraba su invitación a jugar.


Sin embargo, aunque era renuente a los juegos, tuve un sueño largo pero humilde con respecto a los juegos.


Eso es jugar en mi vejez Dragon Quest ("Dragon Warrior" en inglés), un videojuego que jugué durante mi adolescencia con gran pasión.


Siempre han habido innumerables juegos y seguimos con muchos más.


Entre ellos, el que tuvo un gran impacto en mi juventud fue Dragon Quest, el cual jugué mucho y todavía se destaca vívidamente como un videojuego especial para mí.

Aunque no he jugado en mucho tiempo, a menudo recuerdo los hechizos del Dragon Quest, como "Sleep" o "Midheal".

Nunca hubo otro videojuego, aparte de Dragon Quest, que me haya emocionado hasta los huesos.


Entonces, me inquieté cuando escuché que se lanzaría un juego de aplicación móvil llamado "Dragon Quest Walk" este otoño.


Y finalmente ayer, decidí descargarlo, pensando "Solo un poquito".
DraqueWalk
Es realmente raro que descargue una aplicación de juego porque no tengo interés en los juegos en general.


Tan pronto como instalé el juego, lo jugué y me emocionó su música nostálgica, imágenes y diálogo.


Mi corazón retrocedió inmediatamente en el tiempo a aquellos días de mi juventud.


Entonces, cuando mi hija regresó de la escuela, le conté sobre la aplicación del juego Dragon Quest Walk.  Se emocionó tanto que inmediatamente descargó el mismo juego en su teléfono inteligente.


Ella estaba tan feliz de que se le cumpliera al fin su sueño de poder jugar el mismo juego que yo.


Entonces, al terminar la cena, comenzamos nuestro viaje de "prueba" en el vecindario con nuestras aplicaciones de juegos.
1569585846328
Al igual que Pokemon GO, este es un juego AR donde el espacio real se expande en el mundo Dragon Quest, subiendo de nivel gradualmente mientras derrotas a los monstruos y completas las misiones de cada "Quest".


Como era nuestro primer día, aumentábamos rápidamente de niveles, los cuales subieron al 4 en tan solo 30 minutos. Y entonces decidimos parar por el día.
1569586022713
Anoche (nuestro segundo día) mi hija y yo continuamos jugando por el vecindario y avanzamos en nuestras misiones: luchando con los ya conocidos monstruos como Slimes y Drakees.


A decir verdad, justo antes de ir a Dragon Quest Walk, mi hija y yo tuvimos una pelea por algo trivial, pero debido a que ambas queríamos ir juntas y disfrutar de Dragon Quest Walk, decidimos reconciliarnos.


En el momento de la reconciliación, sentí que nuestra relación madre-hija mejoró significativamente.


Siento que cuando mi hija y yo estamos profundamente inmersas en el juego (en mi caso, volviendo a la mente de niña), la barrera entre nosotras desaparece durante este tiempo, y la distancia física entre mi hija y yo se vuelve mucho menor, al igual que nos acercamos mentalmente.


En cuanto a Dragon Quest Walk, decidí jugar con mi hija solo 30 minutos después de la cena.


Incluso los adultos o los padres a veces pueden tomar un respiro y volver a nuestra infancia y engancharse en el mundo del juego.


En este otoño de 2019, siento que el vínculo entre mi hija y yo se profundiza debido a nuestra nueva actividad de diversión que tenemos en común.

2年くらい前から、子どもに、
About two year ago, my daughter started saying to me,


「一緒に遊べるゲームがしたい!」
“I want to play a game with you!”


と言われ続けてきた。
She kept saying this over and over.


うちの子は、ごく普通のゲーム好きの小学生。
My daughter is an ordinary game-loving elementary school kid.


兄弟姉妹がいないので、基本、家にいる時は、一人で何かしらのオンラインゲームをしているか、絵を描いている。
Since she is an only child, she dedicates herself to either playing online games or drawing illustrations when she is at home.


かたや私は、5年前に暇つぶしにやっていた牧場ゲームを卒業して以来、ゲームとは遠ざかった生活を送ってきた。
On the other hand, I have kept myself away from games since I stopped playing a farming game that I enjoyed in my spare time five years ago.



理由は、やはり、生活費を稼いだり、家事をしたり、のんびりくつろいだりする方に時間やエネルギーを費やしたかったから。
The reason why I quit playing games is because I wanted to spend my time and energy in making income, doing house chores, and relaxing.


それから、仮想の世界でしかない「ゲーム」にあまり興味を持てなくなってしまったというのが、一番の理由かもしれない。
In addition, the main reason might be that I lost interest in the games that are limited to the virtual world.


ゲームに生産性を見出せなかったので、子どもから誘われても、
Since I could not find productivity in games, even when my daughter asked me to play a game together, I used to say,


「そのうちね~」
“Some other time, sweetie”


とお茶を濁してきた。
And I got away with it.


そんな私にも、長年ささやかなゲームに関する夢があった。
However, although being reluctant about gaming, I had a long but humble dream regarding games.


それは、子ども時代に遊び始め、青春時代を捧げたと言っても過言ではないドラクエを、老後にのんびりプレイするとうもの。
That is to play in my old age  Dragon Quest ("Dragon Warrior" in English), a game that I played throughout my adolescence with great passion.


世の中には、数多くのゲームが存在してきて、今も把握しきれないほどのゲームで溢れている。
There have been a number of games in the world, and still now we are surrounded by  uncountable games.


そんな中、インプリンティング(刷り込み)効果の凄まじさを実感するのは、青春時代に一番はまったドラクエが、他のどのゲームよりもダントツ際立って「特別なゲーム」として自分の中に存在していること。
Among them, what I feel an impressive effect of imprinting is that the Dragon Quest that I played heavily in my youth still vividly stands out as a special game for me.


ドラクエプレーヤー現役を退いてだいぶ経つ今でも、時々、独り言で「ラリホー」や「ベホイミ」を唱えてみたりするなど、お茶目なことをしているくらい。
Even though I haven't  played games for a long time, I often say the spells of Dragon Quest, such as “Sleep” or “Midheal”,  to myself.


ここまで自分の骨の髄まで浸透しきったゲームは、ドラクエを除いてはない。
There has been no other game exacept Dragon Quest that has thrilled me to the bone.


なので、今年の秋に「ドラクエウォーク」というモバイルデバイス用のゲームアプリが出ると聞いて、実は内心ソワソワしていた。
So, I got restless in my mind when I heard that there would be a mobile app game called “Dragon Quest Walk” launching this autumn.


そして、ついに昨日、「ちょっとだけよ」というお試しの気持ちで、ダウンロードを決行。
And finally yesterday, I decided to download it, thinking “Just a teeny-weeny bit.”
DraqueWalk
ゲームに興味のなかった自分が、ゲームアプリを入れるなんて、本当に珍しいこと。
It’s really rare that I download a game app because I have no interest in games in general.


早速ちょこっとだけプレイしてみたら、懐かしい音楽や、ビジュアル、セリフ感。
As soon as I installed the game, I played it, and was thrilled by its nostalgic music, visuals, and dialogue.


心が一気に青春時代にタイプスリップしてしまった。
My heart slipped back in time to my younger days immediately.


そして、学校から帰宅した我が子に、ドラクエウォークを始めたことを伝えたら、我が子は無条件に大喜び。すぐに子どものスマホにもダウンロードした。
And as I told my daughter, when she got back from school, about the Dragon Quest Walk game app she was so thrilled. She immediately downloaded the same game on her smartphone.


ずっとずっとずーっと、私と一緒にゲームしたい、ゲームしたいと散々言い続けてきたので、ついに願いがかなったのだから、嬉しくて仕方がないようだった。
She seemed so happy that her long-lasting dream of playing the same game with me had come true.


そして夕食後、二人でアプリを立ち上げて、近所をうろうろ歩いて小手試しの冒険してきた。
So, we started our “trial” journey in our neighborhood with our game apps on after dinner.
1569585846328

このゲームは、ポケモンGOと同様に、現実の空間がドラクエの世界に展開して、モンスターを倒したり、クエストのミッションをクリアしたりしながら徐々にレベルアップしていくというARゲーム。
Like Pokemon GO, this is an AR game where the real space expands into the Dragon Quest world, gradually leveling up while defeating monsters and completing missions of each "Quest".


初日なので、レベルが上がるペースが速いようで、わずか30分くらいの間にレベルが4までに上がった。この日のプレイは一旦ここで終了。
As it was our first day, the levels seemed to rise quickly, and our levels went up to 4 in just 30 minutes.Then we stopped our play for the day.
1569586022713


昨晩(2日目)も、夕食後に二人で、近所を巡って、お馴染みのスライムやドラキーと闘いながら、クエストを進めた。
Last night (our second day) as well, my daughter and I wondered around the neighborhood and advanced our Quests, battling with the familiar monsters like Slimes and Drakees.


実は、ドラクエウォークに行く直前に、ちょっとしたことで親子喧嘩をしてしまったのだけれど、ドラクエウォークに一緒に行って楽しむために、お互いなんとか努力して仲直りをしたのだった。
Truthfully, just before going on the Dragon Quest Walk, my daughter and I had a fight over something trivial, but because we both wanted to go together and enjoy the Dragon Quest Walk, we made a point to reconcile.



仲直りの瞬間、親子関係のレベルが1つ上がったのを感じた。
At the moment of reconciliation, I felt that our parent-child relationship has risen up one level.


二人で、夢中になって(私の場合は童心に帰って)ゲームで遊んでいると、親子の垣根がこの時間だけ消えてなくなり、子どもとの物理的な距離も心的距離もぐんと縮まっているように思う。
I feel that when my daughter and I are deeply into playing the game (in my case, returning to the child's mind), the parent-child barrier disappears during this time, and the physical distance between myself and my daughter becomes much less, as well as our mental distance.


ドラクエウォークに関しては、夕食後の30分だけ、気が向いた時に子どもと一緒にプレイすることにした。
As for the Dragon Quest Walk, I've decided to play with my daughter for only 30 minutes after dinner.


大人だって、親だって、時々、息抜きしたり、童心に戻ってゲームの世界で夢中になってもいいんだ。
Even adults or parents can sometimes take a breather and go back to our childhood and get hooked on the game world.



子どもとの共通のお楽しみが出来たことで、親子の絆の深まりも感じる2019年の秋。
In the fall of 2019, I feel the bond between myself and my daughter deepening due to our new common fun activity.





2年くらい前から、子どもに、


「一緒に遊べるゲームがしたい!」


と言われ続けてきた。


うちの子は、ごく普通のゲーム好きの小学生。


兄弟姉妹がいないので、基本、家にいる時は、一人で何かしらのオンラインゲームをしているか、絵を描いている。


かたや私は、5年前に暇つぶしにやっていた牧場ゲームを卒業して以来、ゲームとは遠ざかった生活を送ってきた。


理由は、やはり、生活費を稼いだり、家事をしたり、のんびりくつろいだりする方に時間やエネルギーを費やしたかったから。


それから、仮想の世界でしかない「ゲーム」にあまり興味を持てなくなってしまったというのが、一番の理由かもしれない。


ゲームに生産性を見出せなかったので、子どもから誘われても、


「そのうちね~」


とお茶を濁してきた。


そんな私にも、長年ささやかなゲームに関する夢があった。


それは、子ども時代に遊び始め、青春時代を捧げたと言っても過言ではないドラクエを、老後にのんびりプレイするとうもの。


世の中には、数多くのゲームが存在してきて、今も把握しきれないほどのゲームで溢れている。


そんな中、インプリンティング(刷り込み)効果の凄まじさを実感するのは、青春時代に一番はまったドラクエが、他のどのゲームよりもダントツ際立って「特別なゲーム」として自分の中に存在していること。


ドラクエプレーヤー現役を退いてだいぶ経つ今でも、時々、独り言で「ラリホー」「ベホイミ」を唱えてみたりするなど、お茶目なことをしているくらい。


ここまで自分の骨の髄まで浸透しきったゲームは、ドラクエを除いてはない。


なので、今年の秋に「ドラクエウォーク」というモバイルデバイス用のゲームアプリが出ると聞いて、実は内心ソワソワしていた。


そして、ついに昨日、「ちょっとだけよ」というお試しの気持ちで、ダウンロードを決行。

DraqueWalk

ゲームに興味のなかった自分が、ゲームアプリを入れるなんて、本当に珍しいこと。


早速ちょこっとだけプレイしてみたら、懐かしい音楽や、ビジュアル、セリフ感。


心が一気に青春時代にタイプスリップしてしまった。


そして、学校から帰宅した我が子に、ドラクエウォークを始めたことを伝えたら、我が子は無条件に大喜び。すぐに子どものスマホにもダウンロードした。


ずっとずっとずーっと、私と一緒にゲームしたい、ゲームしたいと散々言い続けてきたので、ついに願いがかなったのだから、嬉しくて仕方がないようだった。


そして夕食後、二人でアプリを立ち上げて、近所をうろうろ歩いて小手試しの冒険してきた。
1569585846328
このゲームは、ポケモンGOと同様に、現実の空間がドラクエの世界に展開して、モンスターを倒したり、クエストのミッションをクリアしたりしながら徐々にレベルアップしていくというARゲーム。


初日なので、レベルが上がるペースが速いようで、わずか30分くらいの間にレベルが4までに上がった。この日のプレイは一旦ここで終了。
1569586022713

昨晩(2日目)も、夕食後に二人で、近所を巡って、お馴染みのスライムドラキーと闘いながら、クエストを進めた。


実は、ドラクエウォークに行く直前に、ちょっとしたことで親子喧嘩をしてしまったのだけれど、ドラクエウォークに一緒に行って楽しむために、お互いなんとか努力して仲直りをしたのだった。


仲直りの瞬間、親子関係のレベルが1つ上がったのを感じた。


二人で、夢中になって(私の場合は童心に帰って)ゲームで遊んでいると、親子の垣根がこの時間だけ消えてなくなり、子どもとの物理的な距離も心的距離もぐんと縮まっているように思う。


ドラクエウォークに関しては、夕食後の30分だけ、気が向いた時に子どもと一緒にプレイすることにした。


大人だって、親だって、時々、息抜きしたり、童心に戻ってゲームの世界で夢中になってもいいんだ。


子どもとの共通のお楽しみが出来たことで、親子の絆の深まりも感じる2019年の秋。







1569466020455
今朝から思いつきで、朝ご飯の食卓での会話を全て英語でやってみるという試みを始めてみた。


我が子は、大の英語嫌い。


これまで、比較的小さい頃から、偶数の日は英語で会話してみる試みや、毎週木曜日に英語でコミュニケーションを取ってみる試みなど、何度も何度も何度も試してきた。


それらはことごとく失敗。


もっと小さいうちから、日常会話を全て英語ですることを徹底していれば、もしかしたら、ここまで英語が苦手にはならなかったかもしれないけれど、過ぎ去った時間というのは取り戻すことが出来ないので、今は、これからできることにトライするしかないと思っている。


今回の朝ごはん時の英会話チャレンジも、言い出しっぺは私で、子どもは仕方なく受け身で承諾した、という形でスタートした。


そもそも本人がやりたい、学びたい、という気持ちが土台にあってこそ効率的に楽しんで身についていくものだと思うので、現時点でここまで受け身で消極的だと今回の試みも失敗に終わるかもしれない。


それでも、少なくともやってみる価値はあるのではないか、というほのかな希望と共に、今朝の朝ごはんはスタートした。


結果は、まずまず、というか悪くない印象。


こちらはHow?で聞いているのに、質問の意味がわからず「Yes」「No」で答えてきたり、となかなか手ごわそうだけれども、いつもの激しい拒絶反応がなかったのは、我が子が少しずつ成長してきている証かもしれない。

朝食時に、小学生の子どもとどんな会話が出来るのか、いくつかの文例をあげてみる。


"How did you sleep last night?" (昨夜よく眠れたかどうかを聞く表現)
→"I slept well." (よく眠れた)


"How was your school yesterday?"(昨日は学校どうだった?)
→"It was fun."(楽しかった)


"Can you pass me the soy sauce, please." (お醤油取ってくれる?)
→"OK." (いいよ)


"You should pull the stem off the top of the cherry tomatoes." (ミニトマトのへたを取った方がいいよ)
→"I see."(そっか~)


"Which one do you like for breakfast, rice or bread?"(朝ごはんには、ご飯とパンどっちが好き?)
→"I like rice."(ご飯の方が好き。)

"Are you full?"(お腹いっぱいになった?)
→"Yes, I am." (うん。)


最初は難しくても、毎日続けていけば、だんだん慣れて自分から発話するようなるかもしれない。


二日に一度の頻度で英語で会話をすることも検討したけれど、間に1日空くと、だんだん怠け癖が出てきたり、モチベーションの維持が難しいので、やっぱり毎日続けるのが良いと考えている。


まずは、朝食によく出てくる食べ物の英語名に慣れ親しんでもらうことと、文法を気にせず英文を聞いてざっくりと意味がわかるようになる、というところが当面の目標。


今朝はチャレンジ初日だったせいか、普段はイヤイヤの我が子が、


「(私の言うフレーズを)真似して言ってみる!


と言い出したので、驚きと共に、これはいけるかも!という確かな手ごたえを感じた次第。


今は「チャレンジ」だけれど、毎日続けて、「習慣」になったらいいな。


そんな期待と共に、毎日の限られた朝ごはんの時間を有効に活用して、我が子の英語嫌いを少しでも克服できたらと思っている。





food_ice_shavings01_01-768x768
イタリア語で、炭酸水のことをacqua gassataという。


私は炭酸水が大好きで、日々の生活の中で湧き出る泡のような思いを、空気中にシュワシュワっと放出するように綴りたいという、このブログのコンセプトとしても採用しているほど。


そんな炭酸水のケース買いを、季節外れになりかけの今、今年最後と覚悟して決行した。
1569298665850

きっかけは、先日、梅雨明け以降ほぼ毎日お世話になっていた電動かき氷機を戸棚の奥にしまって、夏に終わりを告げたこと。


最近めっきり涼しくなってきて、これ以降、もうかき氷は食べないな、と思ったから。


この決断は正解ではあったのだけれど、実は中途半端に余ってしまったかき氷シロップがある。
1569282923473

捨ててしまおうか、来年の夏までとっておこうか、迷ったけれど、どちらも嫌。


「今年のシロップ、今年のうちに」をモットーに、今の分は今消耗してしまいたい派なので、邪道と知りつつも、炭酸水で割って飲んで消耗することにした。
1569282695795

炭酸水は重たいし、ケース買いの方が1本当たりの値段が76円~80円前後と安価で買えるので、こういった理由で、今年最後の炭酸泉の大人買いをすることになったという次第。


秋といっても、今はまだ日中の最高気温は28℃にまで上がるので、少し蒸し暑さを感じる昼下がりや、夕方のウォーキングの後に、シュワシュワっと余ったブルーハワイのシロップを炭酸水で割って、ゴクゴクので消耗していくつもりだ。

1569282516676
ちなみに、NHKのバラエティ番組『チコちゃんに叱られる!』の7月27日の放送内容によると、ブルーハワイは味の決まりがないらしく、ソーダ風味、トロピカル風味、ピーチ風味など謎めいた魅惑の味なのだそう。


なので、買ってのお楽しみ派の私は、シロップはワクワク感を重視してブルーハワイを買うことが多い。


炭酸水は、実は髪を洗う際にも使ってみたい、とかねてから秘かに思っていたので、これだけ大量に買い込んでしまった今、近日中に是非トライしてみる予定。


過ぎ去ってしまった夏の名残りを残像のように脳裏に描きながら、今日もブルーハワイの炭酸水割りで爽やかな秋の一日を過ごしたい。







去る8月の終わりに、「コストコ祭り」称して、最後のコストコでの買い物に行ってきた。


去年の9月に入会して、そろそろ1年が経過し、更新をしていないまま自然と退会となるだろうと思っていたのだけれど、どうやら9月末までメンバーシップが有効らしいと知って、会員でいる内が華!とばかりに、最後の最後にもう一度だけコストコに行くことにした。


前回は週末に行ったので、大混雑で慌ただしかったのだけれど、今回は平日の午前中に行ったので、驚くほど空いていて、ゆっくり吟味しながら買い物を堪能できて大満足。


私は車持ちでも、コストコ近隣住民でもないので、この1年間コストコへは、電車(乗り換え有り)で行っていた。


大容量で物を売っているコストコへの遠征は、帰りの荷物の持ち運びが一苦労。


そんな電車派の私が、この1年間愛用してきたのが、車輪(トローリー)付きのキャリーバッグ。
1569297991053

メーカーは、Reisenthel (ライゼンタール) といって、ドイツ製の頑丈なバッグだ。
99072498_240


このバッグは、普段はコンパクトなA4サイズに折りたたんでおけるので、場所を取らない収納持ち運びやすさが魅惑の逸品。
1569298038414


荷物運び用に展開すると、30Lもの大容量に早変わりする。
1569298019878

底部には2つの車輪がついていて、バッグの上部には短めと長めの2種類のハンドルもついているので、長距離を荷物を持って歩く時もすいすいラクラク。
1569298029978

組み立ても収納も、とても簡単にできる上に、しっかりとした丈夫な素材で出来ているので、1年間酷使しても、未だくたびれた感じがしない。


楽しかったコストコ行きは終了してしまってけれど、その後は会員費用のかからない業務スーパー行きに切り替える予定なので、このキャリーバッグ様には、今後も我が家の買い出しの際に頻繁にお世話になるんだろうと思う。


業務スーパーでお値打ち品を上手に購入しながら、楽しんで節約生活を続けていきたい。









昨日は、待ちに待った「秋分の日」だった。


私は毎年、秋の時期に、意味もなく気持ちが低空飛行、というかブルーになってしまう傾向がある。


これは、季節性うつ病と呼ばれている心理状態の軽度な症状なのではないかと思っている。



これからその苦手(というか嫌い)な秋が深まり、寒く辛い冬がやってくるにもかかわらず、なぜ待ちに待っていたのかというと、玄関の置物をそろそろ変えたいと思っていたから。


私はズボラなので、不必要な行動はなるべく避ける傾向がある。


インテリアをマメに変えるとか、模様替えを頻繁にするとか、基本的にはあまりしない。日めくりカレンダーを毎日めくるのも面倒くさいと感じるタイプ。


でも、ズボラなりに、玄関の靴箱の上の空間の飾りは、年に数回変えるようにしている。


面倒くさがりではあるものの、メリハリ付けが命のようなところも持ち合わせているので。


そんなズボラ&メリハリ・ハイブリッド人間の私としては、暦の変化を、自分の重い腰を上げるための「てこ」のように使いたいと考えている。


そこで、待ちに待っていた秋分の日に、初夏から夏にかけてヒマワリを飾っていた玄関の置物を、秋っぽいものに変えた。

1569217573587

真ん中のカボチャの上に、りんごと秋らしい植物をあしらった置物はニトリで購入したもの。


ほどよい存在感で、気に入っている。


それ以外は、通年飾っているけれど、鮮やかな色彩が秋に同調していて、季節性うつ気味の心をぱっと明るくしてくれる。


右隣の人形は、メキシコ人の友人からプレゼントされたMexican Rag Doll(muñecas de trapo)と呼ばれる布製ぬいぐるみ人形。
1569222362031

色彩豊かなメキシコの先住民族衣装を着た人形で、メキシコを訪れたことのある人ならば、一度は目にしたことがあるのではなかろうか。


この人形は通年飾っているとはいえ、11月の初めには、メキシコで『死者の日』という祝日が盛大に祝われることもあり、シンクロしていてこの季節にベストマッチしていると思っている。


12月になったら、飾りをクリスマスのものに変える予定。お正月には正月飾りに、正月明けから冬そして春の間は特に何も飾らずズボラを満喫すると共にエネルギーを温存して、5月くらいに白っぽいお花を、梅雨明けしたらヒマワリの花を飾るようにしている。


なので、ちょうど年に5回、玄関の置物を変えていることになる。


本当は、もっと、細かく分けて、「節分」「ひな祭り」「桜」「紫陽花」などもプラスして、季節に合った置物を変えて、より細かな季節の変化を楽しむことも出来るのだろうけれど、ズボラな私には、年に5回くらいが適正頻度ではないかと思っている。


飾りを一切排除してしまうのは、物も減るし、手間も減るし、良いことづくしなのかもしれないけれど、生活が単調かつ味気なくなってしまうような気もするので、私は、玄関先という限られた空間で、最低限の季節感を楽しんでいきたい。


季節性のうつのような心理状態に陥りやすい苦手な秋を、どう快適に乗り切るか、これは毎年降りかかってくる私の課題だけれど、玄関先に色彩の変化を取り入れたり、カーテンを取り去ることで、日の光をたくさん室内に取り入れたりすることで、少しでも心が上向きになれば嬉しい限り。





今日は秋分の日。


ククルカンが我が家に降臨する日(と勝手に思い込んでいる。)


ククルカンとは、古代マヤ文明最高神ククルカン羽毛のあるヘビの姿の神ケツァルコアトルのマヤ語名)
800px-Quetzalcoatl_telleriano2
                (写真:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
なぜそんな大それた妄想を語っているのか、と言えば、ことに真相ななんてことはない。


我が家はマンション住まいだけれど、北向きの部屋で、北側に窓があり、東西にベランダや窓がある。


秋分の日が近くなるにつれて、朝や午後のある時間帯になると、真東あるいは真西から太陽光が差し込んで、普段日の光が当たらない場所を照らし出してくれるのだ。


そう、まるで、メキシコの古代マヤ文明のピラミッド遺跡、チチェン・イッツァに、年に二回、春分の日と秋分の日に降臨するククルカンの胴体(蛇が身をくねらせた姿)のように。

800px-ChichenItzaEquinox
               (写真:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
時空を超えた、なんともスケールの大きな話と結び付けてしまったけれど、この真西/真東から差し込む光におかげで、秋分の日(とその周辺の日)は、普段は目につかない埃や汚れなどが、見て見ぬふりが出来ないレベルで浮かび上がって見えてくる。
1568498362784
なので、嫌でも掃除熱のスイッチが入ってしまうというわけだ。


今朝も朝から、普段は暗すぎて見過ごしてしまうエリアを拭き掃除したり、掃除機がけを入念にしたり、と忙しく清掃作業で動き回った。


ククルカンの光のおかげで、冷蔵庫の表面や細い出っ張り部分や溝に積もった、埃などもしっかりと可視化されるので、具体的な掃除ポイントが一目瞭然。


見えないからといって、埃や汚れは存在しないわけではない


ただ、光が当たらず、見えないことで、その存在に気づきにくく、掃除もあまりされない状態で放置されてしまいがちになってしまう。


でも、妄想スイッチをオンにして、マヤの最高神ククルカンを自宅に誘い、招き入れ、自分自身を覚醒させることで、普段の手抜き掃除も、神がかったものに変えることが出来る(と信じている)。


チチェン・イッツァのピラミッドは、はるか遠い場所にあるけれど、自分の妄想力を増大させれば、異国の古代の文明の最高神を身近な存在と捉えて、自分の怠け癖に発破をかけることも出来るようになる(なったらいいな)。


全ては自分次第。


そんな妄想スケール大きめの秋分の日の活用法も悪くないのでは?と思いながら、いつになく掃除を頑張った自分へのねぎらいに、チョコレートをむしゃむしゃとほおばっている。


チョコレートは、古代マヤ文明で非常に大切にされ、宗教儀式でも使われたり、疲労回復や滋養強壮の薬としても活用されていたり、原料のカカオ豆は通貨としても用いられていたそうだ。
Mayan_people_and_chocolate
                (写真:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
チチェン・イッツァで起こる春分/秋分の日のククルカンの降臨は、いつか、自分自身でその光と影のヘビの姿を是非間近で見てみたい。


ミニマルな暮らしの実現で、日々の節約が実を結び、いつの日かこの夢が叶いますように☆







昨日は、我が子の小学校の運動会だった。


運動会といえば、お弁当。


幼児園時代は、流行りにのって、頑張ってキャラ弁を作ったりもしていたけれど、小学校に入って給食が始まると、ぱったりのキャラ弁を作らなくなってしまった。


とはいえ、頑張ってる我が子を少しでも応援したい!という気持ちはあるので、今回は、手抜きでもちょっとかわいい系のお弁当を持たせることにした。


そして作ったのが、こちらのミニマルな三匹の猫弁当

1568965752325
なぜ、ミニマルか、と言うと、味付けや調理を簡素化・小手順でつくったから。


茹でるだけ、焼くだけ、盛り付けるだけなど、手間がほとんどかかっていない。

とはいえ、手間要らずミニマルに作ったけれど、野菜やたんぱく質、糖質など最低限の栄養には配慮したつもり。


その分、かわいい部分(3匹のネコ)には少し時間をかけた。


猫のおにぎり作りに使ったのは、こちらのアーネスト おにぎり型セット こむすびニャというツールセット+自前のピンセット。

1569035937270
ご覧のように、基本の猫の形をしたおむすびをギュッと固める型と、海苔切りパンチ。


海苔は、一回押すと、猫の顔や肉球部分に使う形状の海苔が1セット切り出されるようになっている。

1569036018112

なので、あとはこれらの海苔のパーツを好きなように組み合わせて、猫型でにぎったおにぎりの上にピンセットで一つ一つ乗せて貼り付け、猫を作っていく。


私はズボラなので、今回は(も)単純な図柄しか作らなかったけれど、アレンジ次第では、いろいろな表情や個性を出せるようになっている。

1569036008817
この猫おにぎりキットは、何度も断捨離をしようか迷ってきていたものなのだけれど、子どもが喜ぶ顔が見たいと思い、手放すことを踏みとどまってきた。


小さなものだし、たいしたスペースも取らないので、その時が来るまでは、大切にとっておいて、ここぞという時に、ミニマルに使って、親子共々かわいいお弁当に癒されていこうと思う。







約2か月前の7月中旬に、年に一度のAmazon Prime Day(プライムデー)があり、今年初めてこのプライムデーで買い物をしてみた。

その購入品の一つに、今回初めて買ったひのきの猫砂がある。

1568949280898
自分は、これまで、ずっとおからの猫砂を我が愛猫のトイレに使ってきた。
51hBYMSlF7L
理由は、主原料のおからに、食品として使用されている高純度のおからを使用されているので、ひとえに安心・安全という点が大きかった。


それから、水に流せるというのも重要な点。


我が家は、間取り上、玄関を入ってすぐの場所に人間のトイレがあるため、猫のトイレも玄関に置いている。


トイレに流せないタイプの猫砂だと処理に場所や手間がかかってしまうし、衛生上も好ましくないので、自分は積極的には使わないようにしてきた。


さて、今回のプライムデーで初めて購入してみたひのきの猫砂だけれども、まず、この「トイレに流せる」という譲れないポイントをクリアしている。
8164iIaco1L._SL1500_

もちろん、一度に大量に流すとトイレの詰まりの原因になってしまうので、少量をマメに流していく方式だ。


そして、ひのきの猫砂最大の魅力が、なんといってもその消臭力。


ヒノキは、森林・林業学習館というサイトによると、



特有の芳香があり、ヒノキ風呂、ヒノキ酒器など、ヒノキの香りは多くの人に好まれています。

香りの成分は、アルファピネン、ボルネオ―ルという物質です。

この他にもヒノキには気分を落ち着かせる効果があったり、抗菌効果を持つ有用な物質が多く含まれていることがわかっています。


と書かれている。


毎年夏場は、玄関に置いてある猫のトイレのアンモニア臭に悩まされ続けてきた。


私の猫の飼育歴は14年4ヶ月だけれど、今年の夏は、毎年恒例のこの猫のトイレ臭に、例年ほどは悩まされず、快適に過ごすことが出来た。


これは、ひとえに、このヒノキの猫砂を使ったおかげだと思っている。


猫は、1日に何回もトイレを使うので、なかなか管理が大変。


人間のように、自分から糞尿をその都度流してくれるということもない。


なので、暑い季節は、狭く締め切りがちな空間の中での匂い問題に悩まされてきたのだけれど、今年の夏は本当に臭い問題フリーで過ごせた。


このひのきの猫砂は、おからに比べるとやや割安だし、蒸し暑さが際立つ夏場はもちろんのこと、気温が下がって、キツイ匂いが空気を澱ませない季節でも、節約も考慮した上で使っていけたらと思っている。


猫のトイレ臭は、猫自身のストレスにもつながるらしく、おからの猫砂に変えて以降、我が家の猫のメンタルもずいぶん落ち着いているように感じられる。
1568953902959






↑このページのトップヘ