Life with a bit of c'laziness'

炭酸水を思わす、淡いガス抜きブログです☆ シュワシュワっと、毎日綴れたらいいな。

2019年11月

今日は、水曜日。


週に1日設けている、子供公認の「母親休業日」だ。


母親休業日は、普段やっている子供の世話を「最低限」にして、子供が自分の身の回りのことを自分でやってもらうようにするという試みで、これは私が楽になるという副次的(or 主たる?)効果もある。


最低限育児の中には、食事の世話も含まれているけれど、普段よりも手を抜かせて頂いている。


例えば今朝は、シリアルとバナナ、みかん、卵焼き、チーズという手抜きメニュー。(野菜が皆無だけど、昼食と夕食で補うことにする。)


そして、普段の子供部屋の片づけだけれども、今日から試験的に1週間、「放置」してみることにした。(ただし、ゴミの日の朝のゴミの回収はするものとする)


というのも、我が子は、驚くほど自分の部屋の掃除や片付けに自主的な興味を持たない。(2日に1度の「子供プチ掃除」は、私が発破をかけているので仕方なくやっているけれど。)


食べたお菓子の袋や飲んだペットボトルはそのまま放置。(ゴミ箱は手を伸ばせた届く距離にあるというのに。)


服も脱いだら脱ぎっぱなし、靴下も、床に放置。


パジャマもぐしゃぐしゃっと丸まって、布団の中に押し込められている。


鉛筆削りの削りカスも、そのまま放置。


そして、ひたすら自分の自由な時間に、スマホやiPadのゲームばかりやっている。


結局普段は、私がイライラして、部屋の片づけをパパっとやってしまっているのだけれど(その方が私のストレスが少ないので)、ここで子供部屋の片づけを1週間止めてみたら、一体どういう状況になるのだろう?という好奇心が湧いた。


そこで、今日の良い日(母親休業日)に、子供に宣言した上で、1週間、部屋の片づけをやらない実験を開始してみることに。


かくして、最後の母親によるベッドメーキングを終えて、この部屋はわずかな間、私の管轄を離れることとなった。
1573606811256
今朝、我が子が脱ぎ散らかして行った靴下は、あえてそのまま床に放置してみた。この靴下は、一体今後1週間の間、どうなるんだろう?


7日間、自分の忍耐力は持つだろうか?ついつい片付けてしまわないだろうか?


これは自分との闘いでもある。


来週の水曜日、20日の子供部屋の状態がどんなになっているのか、ぐっと堪えて、興味深々で見守りたいと思う。


吉と出るか、凶と出るか。







暦もいつしか11月になり、「今年も残すところわずか○○」という言葉がよく聞かれる時期になってきた。


暦と言えば、英語では「Calendar(カレンダー)」。


我が家では、必要最低限の数だけカレンダーを持って、それぞれ活用している。


具体的には、冷蔵庫に貼る家族のスケジュール確認用の月めくりカレンダーが一つ。


そしてトイレに飾って、日々のバイオリズム(周期)の確認用の月めくりカレンダーが一つ。


最後に、トイレのコーナーに置く日めくりカレンダーが一つ。
1572653025934
上二つの実用的な目的で使うものは、記入スペースがしっかりあること以外の要素は求めないけれど、トイレの日めくりカレンダーに関しては、毎年よく考えて買うようにしている。


ちなみに、一昨年は、日めくりで英語表現を覚えるカレンダーを購入した。これは我が子に少しでも英語に慣れ親しんでもらいたくて買ったものだけれど、内容が小学生にはかなり難しかったらしく、全く活用出来なかった。


そして去年は、かわいい猫の写真の日めくりカレンダーを購入したのだけれど、めくり忘れがけっこう発生して、結局、紙の無駄となってしまった気がする。


そこで、気がついたのだけれど、日めくりカレンダーには、「どうしてもめくりたい!その先が知りたい/見たい」という強いモチベーションがないと、めくる手間を面倒くさいと感じてしまって、せっかくコストが無駄になってしまう。


なので、それを踏まえて、今年の日めくりカレンダーは、毎日1つの雑学の知識が得られるという『雑学王!365』というものを選んだ。


これはその名の通り、毎日日めくりでいろいろなジャンルから1つの雑学知識が書かれているという面白いもの。
1572653096252
なぜ、トイレに置くかと言えば、そこが親子が両方とも必ずこもって一定時間過ごす場所であり、連絡事項などを掲示出来る場所だから。(なので、子供に伝えたいことがある時は、言葉で言っても空返事でスルーされることが多いので、紙に書いてトイレの内側のドアに貼っておくことにしている。)


その延長で、トイレに日めくりカレンダーを置いていくと、「今日の雑学読んだ?」「読んだ!読んだ!」という具合に、親子のコミュニケーションのアイスブレーカーの役割を果たしてくれるのだ。


思春期の走りの我が子とは、あどけなかった頃と比べて、コミュニケーションがだんだん取りづらくなってきているのを感じる。


そんな中で、たまたま導入したこの雑学の日めくりカレンダーは、意外と子供受けも良く、子供にとって大切な知識(「睡眠」の大切さなど)なども盛り込まれているので、親の育児を助けてくれる助っ人のような存在にもなっている。


特に、最近では親子そろってテレビでクイズ番組を観ることもほぼ皆無なので、それに取って代わる親子の「共通の娯楽」と化している面もある。


明日のネタは何かな?とワクワクしながら、夜眠る時もある。


そんな日めくりカレンダー、来年の分を早々ゲットして、もうメンタル面での年越し準備は、ほぼ完了!といったところだ。
1572670374682
来年は+11増えて、なぜか366となっている点にも注目。


そして、来年はさらにもう一つ洗面所の近くにも、1つ新たな日めくりカレンダーを設置する予定。


それがこちらの『日めくり 現役東大生を合格させた名言』。
1572653781331
うちの子が東大を目指しているというわけではないのだけれど、普段ゲーム三昧でぐーたら生活が続いているので、気持ちが引き締まるような名言を日めくりで目につくところに貼ることで、ささやかな勉学へのスイッチ入れのサブリミナル効果を期待したくて、今回購入してみた。


どんな名言が出てくるのか、親の私も興味深々。


ちょっと早いけど、来年が良い年になりますように☆




最近、肌寒い日を実感することが多くなり、いよいよ秋本番という感じになってきた。


秋は、「スポーツの秋」、「芸術の秋」、「読書の秋」など、様々な事象と関連付けされて表現されることが多いけれど、私が一番しっくりくるのはやはり「食欲の秋」


新米の美味しい季節だし、果物やキノコ類も格段においしく感じる。


一方で秋は、私にとって最も苦手な季節なだけに、必要以上に自分を鼓舞せねば、と無意識に思ってしまう季節でもある。


そんな秋の日を、鬱々せずに楽しく美味しく過ごそう、とささやかながら実行したのが、自家製のピザ作り。

1571719485276
これは、手持ちのホームベーカリーを使用して、ものの1時間程度で作ったもの。
1571785260531
このホームベーカリーは、いわゆるパン以外にも、ジャムやピザ生地なども作れてしまう愛用品。長年使っているけれど、我が家の家計やパンライフの楽しさを支えてくれる縁の下の力持ちだ。

1571785275414
食パンをはじめ、合計7種類の食品を作ることが出来る。焼き加減を選べるのも魅力の一つ。


ピザ生地作りは、計量の部分が一番面倒くさい。

1571789837749
ホームベーカリーの付属のレシピだと、強力粉は380g必要とあるので、今回は市販の粉類が全て入ったパンミックスを使ってピザ生地を作ってみることにした。

1572499024704
こちらのパンミックスだと、粉が290gなので、レシピの約3/4の分量ということになる。


なので、別で追加する水やドライイースト、サラダ油をレシピ記載の量の3/4加え、あとはスイッチ一つでこねて発酵までをおまかせ出来る。


トッピングにも、自分が食べたいものをチョイス出来るし、追い乗せも自由自在!


面倒な部分(計量&コネ)をパンミックスや機械に頼れるので、楽しいクリエイティブな部分を純粋に楽しめる点がポイント。


私はルッコラとマッシュルームが大好きなので、今回はルッコラ(後乗せ)とマッシュルームをたっぷトッピングして、大好きなピザを堪能出来て満足。


食欲の秋、ウォーキングとドッキングして体重の増加に気を付けながら、楽しんでいきたい。







↑このページのトップヘ