Life with a bit of c'laziness'

炭酸水を思わす、淡いガス抜きブログです☆ シュワシュワっと、毎日綴れたらいいな。

カテゴリ:

1570600200260

昨日、体調不良で病床にふせっていた私のそばに、珍しく愛猫がぴったりと寄り添ってくれた。


猫を飼い始めて14年半になるのだけれど、以前から、私が具合が悪い時だけは、いつもツンツンしていてつれない愛猫が、不思議と寄ってきてくれたり、心配そうに添い寝してくれたりすることが度々あった。


普段私が元気な時には、絶対に嫌がってすぐに逃げ去ってしまう腕枕にも、応じてくれたり、とても寛容で忍耐強くになる。


やっぱり猫には、人の不調を感じる能力があるのだろうか?


そんな思いから、ちょこっとググってみたところ、こちらの海外記事Dogs And Cats Can Detect Illness『犬や猫には人間の病気を感知することが出来る』)の中に、猫に関してこんな一文を見つけた。





猫はまた、嗅覚が鋭く、病気に起因する体内の化学変化を嗅ぎ分ける能力を持っています。 また、犬も猫も、日常生活に影響を与える気分、行動、パターンの変化を感じることができます。 また、病気による身体的および心理的な行動の違いを感じることができます。


当然と言えば当然だけれど、猫は賢い。


人間が思っているほど賢い。


一説によると、猫の知能は、人間の2歳児程度と言われているけれど、長年猫と共に暮らしていると、愛情面という点に関しては、2歳よりもずっと高等な印象がある。


心配そうに寄り添ってくれたりする態度は、我が小学生の子よりもずっと精神年齢が高いのではなかろうか?と思ってしまう。(我が子は、苦しそうに悶え苦しんでいる私の横で、「大丈夫?」と言いながらも、大音量で『とっとこハム太郎』の曲をかけて、目の前で変な踊りを見せてくる、そんなケア精神年齢だ。)もちろん、愛猫はそんな奇行はしたりはしない。


昨日も私が、真冬の羽根布団と厚手の掛け布団をかぶって、湯たんぽで暖を取りながら、じっと目を閉じて病床に臥せっている間中ずっと、そばに寄り添ってくれ、いつも嫌がって瞬時に全力で逃げ去る腕枕も、じっと耐えて眠ってくれた。


肉球も触らせてくれたし、耳元でゴロゴロ音を出して、心地よい音色とぷにぷにの触感で癒してくれた。
1570600214975
その甲斐あってか、更にしっかり取った睡眠や薬、体を温めたせいか、今朝は昨日とは打って変わって体の調子もだいぶ良くなってきているのを感じている。


体調不良は毎回辛くて、良いことはないけれど、普段クールな愛猫が、献身的に愛情たっぷりに看病してくれるというのが唯一の救いだと思っている。


我が家のナース猫ちゃんには、これからも健康で長生きして欲しいので、なるべくしつこく追いかけたりしてストレスを与えないように暮らしていきたい。(そうは言っても、なかなかこれが難しいのだけれど。)








約2か月前の7月中旬に、年に一度のAmazon Prime Day(プライムデー)があり、今年初めてこのプライムデーで買い物をしてみた。

その購入品の一つに、今回初めて買ったひのきの猫砂がある。

1568949280898
自分は、これまで、ずっとおからの猫砂を我が愛猫のトイレに使ってきた。
51hBYMSlF7L
理由は、主原料のおからに、食品として使用されている高純度のおからを使用されているので、ひとえに安心・安全という点が大きかった。


それから、水に流せるというのも重要な点。


我が家は、間取り上、玄関を入ってすぐの場所に人間のトイレがあるため、猫のトイレも玄関に置いている。


トイレに流せないタイプの猫砂だと処理に場所や手間がかかってしまうし、衛生上も好ましくないので、自分は積極的には使わないようにしてきた。


さて、今回のプライムデーで初めて購入してみたひのきの猫砂だけれども、まず、この「トイレに流せる」という譲れないポイントをクリアしている。
8164iIaco1L._SL1500_

もちろん、一度に大量に流すとトイレの詰まりの原因になってしまうので、少量をマメに流していく方式だ。


そして、ひのきの猫砂最大の魅力が、なんといってもその消臭力。


ヒノキは、森林・林業学習館というサイトによると、



特有の芳香があり、ヒノキ風呂、ヒノキ酒器など、ヒノキの香りは多くの人に好まれています。

香りの成分は、アルファピネン、ボルネオ―ルという物質です。

この他にもヒノキには気分を落ち着かせる効果があったり、抗菌効果を持つ有用な物質が多く含まれていることがわかっています。


と書かれている。


毎年夏場は、玄関に置いてある猫のトイレのアンモニア臭に悩まされ続けてきた。


私の猫の飼育歴は14年4ヶ月だけれど、今年の夏は、毎年恒例のこの猫のトイレ臭に、例年ほどは悩まされず、快適に過ごすことが出来た。


これは、ひとえに、このヒノキの猫砂を使ったおかげだと思っている。


猫は、1日に何回もトイレを使うので、なかなか管理が大変。


人間のように、自分から糞尿をその都度流してくれるということもない。


なので、暑い季節は、狭く締め切りがちな空間の中での匂い問題に悩まされてきたのだけれど、今年の夏は本当に臭い問題フリーで過ごせた。


このひのきの猫砂は、おからに比べるとやや割安だし、蒸し暑さが際立つ夏場はもちろんのこと、気温が下がって、キツイ匂いが空気を澱ませない季節でも、節約も考慮した上で使っていけたらと思っている。


猫のトイレ臭は、猫自身のストレスにもつながるらしく、おからの猫砂に変えて以降、我が家の猫のメンタルもずいぶん落ち着いているように感じられる。
1568953902959






IMG_7263


6月の終りに、長年愛猫が加入していたペット保険を、いろいろ考え悩んだ結果、解約するに至った。

我が家の愛猫は今年14歳になり、立派な「老猫」にカテゴライズされる。

ペット保険には、生後1歳未満の頃から、病気や怪我で獣医さんのお世話になった時の費用を考えて加入してきた。

加入時の月額保険料の詳細は不明だけれど、だいたい2,500円程度だったと記憶している。

その保険料は、猫が成長するにつれ、じわりじわりと上がっていき、先月の支払い額は3,640円だった。

この14年間で、正確にどれくらいの保険料を支払ったかは定かではないけれど、平均月に3000円支払っていたと仮定すると、年間で36,000円×14年間で、50万円を超える支出額となる。

決して少ない額ではない。

愛猫の健康を第一に考えての保険加入だったけれど、この14年間、我が家の愛猫は病気や怪我は一度もせず、せっかくの保険の恩恵も全く受けずに元気で過ごしてきた。

猫が老齢になれば、きっと病気や怪我でペット病院にお世話になることも、その頻度も増えるだろうと思い、ペット保険の解約をなかなか決断出来ずにずっと煮え切らない状態で放置していたわけだけれど、やはり、家計の負担などを考えると、思い切って解約した方が良いと判断し、解約実行に至った。

これも、ミニマリズムの実践の中で身についた一つの「手放し」だと思う。

猫はもちろん、生き物の命は有限で、いつかは他界してしまう。保険に加入していたところで、永遠に愛猫がペットとして傍にいてくれるということは起こり得ない。

ならば、保険の加入を続け、決して少なくない保険料をこれからも払い続けるよりは、なるべく病気にならないよう、餌や環境を整えて、愛猫に健康で長生き+「ピンピンコロリ」を目指してもらう方に方向転換した。

保険解約後にまず着手したのが、与えるキャットフードの品質の向上

以前は、量が多くお値打ち価格のもの(具体的には量に対して最安値の餌)を選んで与えていた。

でも、我が愛猫は14歳で、立派な老猫なので、やはり、年齢に合った健康面に配慮されて配合されたり、製造されたりした少しでも老体フレンドリーなもの与えた方が良いだろうと考え、購入したのが、オランダのヒルズ社製Sience Dietのキャットフード。
1563519754324

14歳以上のシニア猫のために特別に作られたドライフードだ。

2

老猫がかかりやすい疾患などに焦点を当て、それらを予防する配慮が施されたシニア猫向けの栄養食。

酸化防止には自然成分が使われており、着色料も不使用

今後は、毎月払っていた保険料の出費が無くなる分、割高でも健康面に配慮された年齢にマッチした餌を与えることで、病気や体調不良にならないようケアしていきたい。

環境面での配慮としては、これから暑い夏の季節に、少しでもヒンヤリ過ごしてもらえるよう、ペット用の冷却シート金属製のもの)の購入を検討している。

71gQjJNeZfL._SL1250_
これは、梅雨が明けて暑さが本格化したら、導入しようと思う。

その他の点としては、なるべく猫へのストレスとなるような要因を減らし(具体的には、嫌がっている時にしつこく触ったり抱っこしたりしない、大きな音を立てない、新鮮で清潔な水がいつでも飲めるようにする、トイレを頻繁に掃除する、などなど)、猫が気持ちよさそうにしていたら、撫でてあげたりして安心感を与えてあげることで、猫自身の免疫力も高めていけるように留意していこうと思う。

それでも、病気や怪我をしてしまい獣医さんのお世話になることがあるかもしれないので、いざという時のための蓄えも、きちんとしておくつもりだ。

大切な家族の一員である愛猫のために。







最近自宅の整理整頓がサクサク進んで、自宅も少しずつきれいになってきている。

そんな中、掃除の時に見つけたのが愛猫の抜けひげ

20190528_071000

年に1本、または2本しか遭遇しないレアな落とし物だ。

モノ減らしの神様からのご褒美かな?

猫の抜けひげを見つけた時の幸せ感、幸運感は、ちょっと筆舌しがたい。

これに関しては、いくらミニマリストを目指していたとしても、最長1年間を期限に、大切に捨てずに取っておくことにする。

いつまでも、長生きしてね、我が愛猫ちゃん☆





↑このページのトップヘ